iPhone6s ローズゴールド

iPhone 6s/6s Plusがついに発売されましたね。

定評BOXでは最近、Appleネタの乏しさを非常に感じていましたが、やっとAppleネタを書ける話題ができました。

それはつまり、iPhone 6sを予約したということ。(遅い!!)
もちろん、スマートバリュー中なのでauで継続です。

色は前回と同様、新色のローズゴールドを選びました。ガジェットは新しいものが好きなので。(どうせ手帳型ケースを選ぶのでピンクはアクセント程度になるかも?)

最初は5sから6s Plusへの機種変更を考えていました。

各メディアの記事を読んだり、動画でリサーチしてみたり、用事を済ませるときにさりげなく6と6 Plusを実機で比べてみたりと、悩んできました。

予約した今でも、まだ「うーん。」といった感じはなくならないけど、それでも6sに決めた確固たる理由があります。

iPhone 6s Plusに期待していたこと

バッテリー持ち

iPhoneのバッテリー持ち

iPhone 5sではじめてiPhoneを体験し、様々なシーンでiPhoneは活躍してくれました。

皆感じてはいるとは思いますが、生活に欠かせないほどです。もはやiPhoneなしの生活は考えられません。

唯一不満を挙げるとすれば、それはバッテリーの持ちです。バッテリーに関しては一日のどこかで充電をしないと不安を感じるほど。

だけど、iPhone 6s Plusなら余裕で一日持つだろうという期待をしていました。

Plusなら動画鑑賞や読書ができる

iPhone 5sでは動画鑑賞やKindleでの読書はバッテリー的にもディスプレイサイズ的にも満足にはできませんでした。

Plusは大きいですが、その代わりその分の恩恵を受けることができるはずです。

実際に6 Plusを何度も触ってみて、さらにはWebブラウザーでの表示も広く、情報が見やすくなるということもメリットだと感じました。

手ぶれ補正機能で写真を高画質に撮影できる

iPhone 6 Plusでも話題になった光学式手ブレ補正機能。

6s Plusでは動画撮影にも手ぶれ補正が使えるようなので、様々なシーンで活躍することが期待できます。

実際に手ぶれ補正の威力がわかる動画などもすでにYoutubeに出ていますし、カメラにこだわるのであればPlus一択ですね。

iPhone 6s Plusにすることをやめた理由

Iphone 6s/6s plus

やめた理由を大きさ編、バッテリー編、カメラ編と分けて紹介します。

大きさ編:Plusは片手操作ができない

iphone_6_plus

片手操作なんてべつにしないよな?なんて思っていた矢先、ギターを二本も持って電車で名古屋に行く用事がありました。

さらには最近も、体調を崩している中でのシーンでも感じましたが・・

「片手操作できることって重要じゃん。。」って。

はい、もうこの時点で6s Plusという選択肢は消滅してしまったのす。

何か荷物を持っているだけでiPhoneが満足に使えなくなる・・そんなことはあってはならない。

iPhoneの真の役割は片手で操作できること、そのもの。

個人的にはそういった結論に至りました。

バッテリー編:バッテリーは充電すれば解決する

バッテリー容量が少ないことに関しては、「はやくなんとかして」という意見しかないのですが、技術の進歩というよりは科学が進歩しなければ解決しない問題なのでどうしようもありません。

モバイルバッテリーを持ち歩くことが唯一の解決方法です。

結局バッテリーは充電すればいいわけだし、モバイル端末としての機動力が減ってしまったら元も子もないよねって思ったので6sを選びました。

カメラ編:スマホの写真なんて結局、そこまで残す気はない

スマートフォンのカメラの画質は年々上昇中。もはや昔でいうデジカメと同等、というか超えてしまっている。

Plusの1200万画素のカメラと手ぶれ補正があればもはやデジカメは必要ないと正直思います。

残すもの以外はね。

冷静に考えてみると、iPhoneで撮る写真はあくまでも何かを伝えるために撮影できればいいのでは?と思ってしまいました。

4K動画が撮影できるとはいえ、ガチの一眼カメラで撮影する4K動画とはレベルが違います。例えば、SONYのα7シリーズとか。

α7 II 特長 : 5軸ボディ内手ブレ補正 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

こいつの4K動画を観たときにiPhoneは・・と悟りました。

iPhoneでの動画撮影の頻度はは所詮、日々の思い出をちょっと残すぐらいかな。

次は静止画に関して意見。

例えば流行りのフォトアルバムにまとめてくれるサービスに使う程度なら、iPhoneのカメラはすでに十分だとは思う。

だけど、個人的にはiPhone程度のカメラで撮った写真を加工してまで残そうとは思えない。それほど、一眼レフカメラとの差は大きい。旅行先ではちゃんとしたカメラで撮らないとね。

カメラ編では「iPhoneでは一時的な記録ができればそれでいいのだ。」という結論に至りました。

まとめ:餅は餅屋

  • iPhoneは片手でも使えるべき
  • 結局バッテリーは充電すれば解決するし、どうせモバイルバッテリーは持ち歩くだろう
  • iPhoneのカメラではある瞬間をある程度綺麗に残せれば充分
  • モバイル端末ならではのプライベート空間が消える(電車など)

6s Plusを選びかけましたが、結局は6sを選んでしまいました。

ストレージについてですが、6sではそこまでヘビーに使わないと思ったので64GBにしました。Plusだったら確実に128GBかな。

iPhone 6sではそこまでムービー鑑賞もしないだろうし、読書もしないでしょう。(画面が小さいから)

その可能性が消えてしまうこと自体は少し寂しいところですが、iPhoneでするべき作業ではないと思うし、そういうことはiPadの方が向いている。

餅は餅屋という言葉がある。

iPhoneの得意分野は情報の取得・共有・コミュニケーション。それが失われては困る。

・・

ただし、所持するガジェットはスマホだけ。というユーザーには是非iPhone 6s Plusをおすすめしたい。確実に単体としての満足度はPlusの方が上なのは間違いないので。