UNIVERSAL AUDIO APOLLO 8 DUO

UNIVERSAL AUDIOのapollo 8 Duoを使い、レコーディングとMixの勉強をしていますが、apollo 8のUnisonテクノロジーの凄さを感じています。

あくまでも個人的にですが革命的なテクノロジーだと思うのです。

今回はそんな、apollo 8のUnisonテクノロジーについてレビューしたいと思います。

apollo 8でUnisonテクノロジーを体感

Apollo 8 Unisonテクノロジー

Unisonテクノロジーとは、Neve1073(写真は88RS)やAPIなどの超有名なアナログ機材をリアルタイムにモデリングしながらレコーディングできる技術です。

使ってみたからわかるのですが、まるで実機を通しているような錯覚に陥るぐらいのクオリティです。

本当にすごいのは「ノーレイテンシー」を実現しているところ。

例えば、Neve1073という機材などを本物に近い・・または本物を超える?レベルで実現しているUAD-2プラグインですが、実はPCのCPUでは動きません。
そのため、UAD-2のDSP(チップ)を積んだハードウェアが必要です。

apolloシリーズはオーディオインターフェースにDSPが内蔵された、いわば”異端児”的な存在なのです。

高価なハードウェアが手に入るのであればそれに越したことはありませんが、そんなものを集めていたら金銭的に厳しいですし、ホームユースの場合は特に電気代もヤバくなってしまいますね。

なにができるのか?

neve1073

というわけで、現代では過去の名機達をPC上で当たり前のようにモデリングできるようになっているのですが、そこで問題になってくるのが、いわゆる掛け録りです。

ボーカル録音の場合、本来はマイクからハードウェア(プリアンプなど)を通して録音するのが普通ですが、オーディオインターフェースしか持っていない場合は録音したものをあとからいじることしかできませんでした。(さすがにマイクプリぐらいは実機を買うことも検討した方がいいとは思いますが。)

ところが、apolloシリーズとUAD-2プラグインによってその常識は覆されたのです。

電気食い虫である何十万もする実機を持っていなくても、まるで本物を通したかのような効果を得ることができるようになりました。
例えばNeve1073だと249ドル(約3万円ほど)で購入することができるんです!

もちろんNeve1073をモデリングできるプラグインはUADだけではありません。しかし、UADの作るプラグインは特に性能が良いということで、海外の著名アーティストやエンジニアからも定評を得ています。

そこで、Unisonテクノロジーの出番です。
リアルタイムという言葉がポイント。

まさにホーム・レコーディングの革命だと思いました。

利点は?

レイテンシーとは遅延のことですが、apollo 8は高負荷なUAD-2プラグイン掛けながら録音してもレイテンシーがほぼ発生しません。

それはThunderbolt 2接続のたまものでもあるかもしれません。(192kHzでの録音でも遅延は全く発生しません。)
さらにはUAD-2はDSPで(しか)プラグインが動いているので、PCのCPUへの負担は全くありません。

Neve1073と1176LNの組み合わせでオリジナル曲を歌ってみましたが、192kHzで録音しても遅延が全くないことがわかります。なんというか、ピタッと思った通りに録れる感じです。

UAD-2プラグインではこのように簡単に誰でも、豊かなアナログサウンドを得ることができます。

注意事項

私が持っている「apollo 8 Duo」はDSPが二枚しか積まれていないため、トラックにはあまりかけることができません。

追加のUAD-2ハードウェアを購入することでトラックにも余裕で掛けることができるようになると思います。

ただ、サンプルレートが96kHzでレコーディングする場合のDSPの負荷はわりと小さめです。96kHz以下の場合はもっと余裕はあるでしょうね。

有名なWavesプラグインやPro ToolsなんかもDSPを積んでCPU負荷を与えないようにできますが、UAD-2も同じようなシステムですね。

プラグインをCPUだけで負担するには限界があるのでプロユースは必ずこういったシステムを使っていますが、。

まとめ

一言でまとめるとすれば、「録音時に最も効果的なサウンドで録音しておけば、あとは最低限の処理で済んでしまう」というところが一番のメリットということです。

また、DSPを追加していくことでトラックに沢山のUADプラグインを差すことも可能です。

もちろん、エンジニアの間で飛び道具的なWavesプラグインなども定評がありますし、必ずしもUAD-2が最も良いとは言い切れません。

しかし!私のようなアコースティック・ギターとボーカルがメインで制作していくタイプの人には最高のパートナーになると思うのです。

DSP系の中では低コストですし、何よりもオーディオインターフェースと兼ねて購入することができるのが最大のメリットだと思いました。

まだまだ研究中のREC&MIX作業、努力しなければ!!

apollo 8の詳細

UNIVERSAL AUDIO Apollo 8 / 8p / 16 | フックアップ

今回紹介した製品

Apollo Twinというコンパクトな製品もあります。