Googleのロゴ

久しぶりの更新になりましたがそれには深い理由があります。

突如降りかかってきた事件。

つまり、Google先生は厳しいというお話です。

Googleのペナルティは突然襲ってくる

突然PV数が激減

このブログはおかげさまで2万PVを達成し、読者様も数十人ほどいるほど順調でした。特にGoogle検索での順位は軍を抜いて良く、検索で上位にいる記事は多かったです。

沢山の人に読んでもらえるほどモチベーションは高くなり、3月・4月と書き続けた結果成長し続けていました。

しかし、その喜びは一瞬で消え去りました。どうやらGoogle検索でアルゴリズムによるペナルティを受けてしまったようなのです。でも一般の方にはGoogleのペナルティなんて意味がわからないと思いますので、少しだけ説明したいと思います。

ペナルティの症状とは

軽度のアルゴリズムによるペナルティの症状は大体こんな感じです。

  • 検索の順位が下がる
  • 突然記事が検索結果かた圏外になる
  • 新しく記事を書いても検索で引っかからなくなる

要は「インデックス(検索エンジンに登録)はされるが、検索には引っかからなくなる。」という症状ですね。これはブログにとって致命的です。つまり、購読をして頂いている方々以外に読んでもらうことができなくなるということです。しかも、直るという保証はどこにもありません。

現状では、被リンクを多く獲得している定評のある記事は下がっていないものもありますが、それでもアクセス面は崩壊の一途をたどっています。しかし、「ひたすら直るのを待つ」ことしかできないのです。

同じ目に合っている方々の記事

ついに来た…これが噂のGoogle自動ペナルティか!?

友人のブログ、「ひロググる?」は4月の終わりにペナルティに引っかかりましたが、5月の頭には復帰出来ました。恐らくプラグインによるタイトルの設定の不具合によるものだったと思います。

何故だ!?Google検索経由のアクセス激減 その原因と対策 | No Second Life

それはある日突然に、Googleペナルティーへの対処法・対処事例まとめ

「一ヶ月かかった。」「二回も襲ってきた。」という事例と意見がちらほら。これを見る限りでは一ヶ月はみないといけないようです。僕が確認したところ、サイト自体がスパム扱いされているわけではないので復帰が不可能というわけではないらしい。やはりペンギンアップデートなどに襲われた場合は難しいようです。

ペナルティによるモチベーションの低下は避けられない・・が

僕はなるべくリアルな情報を誰かに伝えるべく、ブログを書いてきたつもりだ。もちろん自己表現をしている部分もあります。

まず、ブログを書くという行為はある程度のモチベーションがいります。アメブロなどのブログと違い、ある程度のコンテンツを作らなければこういう場で書く意味がないのです。

例えば、とある村に自己経営のラーメン屋があったとします。そのラーメン屋はいつもダシを丹念に取り、スープ、麺にとてもこだわりをもっています。その結果、村一番の人気店になりました。しかし、とある災害で村の唯一の道が塞がれてしまいました。道はいつ普及できるかもわかりません。村に外部から人が来なくなると、ラーメン屋にはお客さんがあまり来なくなりました。村の人は相変わらず来てくれますが、コストを掛けて作ったラーメンで勝負するのであれば、村だけのお客さんだけではとても経営していけません。しかしこだわりの味を提供できなければ納得いきません。そしてラーメン屋を続けるのか、廃業するのか迷いました。

つまり、こういう状態ということです。大げさですが(笑)

そしてどちらかというと、こだわりのスープと麺で勝負してきた僕は性格上、味を下げることはしたくはありません。

しかし、いいねしてくださった方やfeedlyで購読してくださっている方のことを考えれば、書き続けたい気持ちとこれからの自分のことももっと知ってもらいたい。という気持ちはまだかなりあります。

まだ定評BOXと僕はかなり未熟ですが、ブログにはかなりの情熱を掛けましたし、ブログを読んでもらうことが生活の楽しみにもなっておりましたのですぐにやめてしまうのはもったいない気持ちは強いです。


このブログのことが少しでも好きだと思っている方、いらっしゃいましたら・・
是非、応援メッセージ、コメントを頂けるとありがたいです。
その具合でたぶんこれからのモチベーションが一変するかも・・