オランジーナ

僕はWEBを学びに度々名古屋は栄に出向いている。
そして必ず乾いた喉を潤わせるべく、安さに定評のある100円自販機でクリスタルカイザーを買うのだが、ちょっとたまには別のジュースなんかも飲みたい。
そして隣りの自販機も何気なく見てみるとおみつは思った。

なんか変わったジュースがある。

それがオランジーナだった。


オランジーナ

2012年のトレンドだった(らしい)オランジーナだ。

ちなみに買った価格は140円。

とりあえず飲んでみる。

ちょっと変わった印象。
はっきりいって第一印象はよくはなかった。

オランジーナは果汁12%

果汁はあくまで12%と控えめだが、それ以上に甘さと果肉の濃さを感じる。
スパークリングの名の通り、微炭酸という名に偽りはない。

意外に歴史があった。

オランジーナの歴史

多くの人々に定評があるオランジーナ。

飲み続けていると‥けっこう美味い!!!

はじめは正直くどいんじゃないかと思ったが、
味がしっかりしているためなのか!!??

そしてWEBのHTMLの授業が終わるころにはぬるくなっていた。
ぬるくなっても美味い!!!!

正直、水はぬるくなったら飲みたくなくなるのでこれは収穫もの。

まとめ

  • コーラまでの炭酸飲料はいらないが、スッキリとしたジュースがほしい。
  • とにかくフルーツジュースが飲みたい。
  • ちょっとオシャレなドリンク飲んでますアピールがしたい。
  • フランス??オレもフランスだ!!(スラムダンク的な衝動が湧いたとき)

ちょっと反省

このオランジーナはあくまでも2012年に流行ったものである。そして僕は流行りモノを避けてしまう体質があるので、もっと挑戦しなくては。