SONY BRAVIA 42

昨年から楽器を弾ける部屋をずっと探していて、春にやっと希望の物件を見つけることができたのですが、部屋を住める状態にする為に毎週土日を使って色々買い物をしたりしていました。

その経緯については楽器弾きが理想の一戸建て賃貸物件を見つけるまでにやったこと、困ったことというエントリーでも紹介しています。

忙しかった新居の準備も終わりつつあり、新居の家電も大分揃って生活できるようになってきて、部屋で過ごすのが楽しくなってきました。

しかし、テレビがないということでパートナーにブーブー言われることが多々あり、すぐにテレビを買わなきゃなということで買ったのですが、選んだテレビに思わぬ良い所があったんです。

それは、テレビの枠が狭いこと。

今回はマニアックですが、テレビの枠が狭いことによるメリットを紹介します。

SONY 42V型 液晶テレビ BRAVIA

SONY 42V型 フルハイビジョン 液晶テレビ BRAVIA KDL-42W800B

SONYの42型の液晶テレビ(BRAVIA KDL-42W800B)を選びました。理由は明らかに画質が良かったから。

実はツテがあり、割引価格で購入することができました。(他の家電も全部そうなのですが・・)

ちょっと明らかに違いがありすぎて、どうせ安く買えるならということで奮発しちゃいました。まぁ、ひとりでの負担ではないのでそこまでなのですが。

買ってから気が付いたのですが、とても液晶周りの枠が狭いテレビなんです。このときはあまり気になりませんでした。

それでは、実際に設置してみた風景をご覧ください。

テレビの枠が狭いと圧迫感が出ない?

SONY 42V型 フルハイビジョン 液晶テレビ BRAVIA KDL-42W800B

とりあえずテレビ台がまだないので床に設置しまして、こんな感じになっています。

実際に見てどうですか?圧迫感がないと思いませんか?

実家のテレビはSHARPの今は亡き亀山モデルなのですが、枠が広いです。

SHARP 亀山モデル

THE テレビ!!といった感じですよね。非常にゴツイです。

映りは悪くないのですが、実家に帰ったときに枠が広いと「テレビが置いてある感」を感じることに気付きました。

テレビって欲しいのは欲しいんですが、実際に部屋に置くと異常にスペースを取るところが嫌いなんですよね。

SONYのBRAVIAと比べてみてください。

SONY 42インチの枠

個人的に枠が狭いほうがオシャレだと思いました。

すっきりデザインでとても気に入っています。

まとめ

  • テレビは枠が狭い方が部屋を圧迫しない
  • 何となくオシャレに見える
  • 「THE テレビが置いてある感」が軽減されてGood!
  • SONYのBRAVIAは高画質すぎて惚れた(4Kには勝てないけれど)

ちなみに40インチと42インチで悩みましたが、42インチを買って正解だと思いました。

テレビは大きい方が観ていて疲れません。